Menu

嘘の火花 96猫 歌詞 – クズの本懐 OP

96猫 新曲 「嘘の火花」 歌詞
発売日:2017年3月15日
作詞:⾕口尚久
作曲:⾕口尚久
編曲:⾕口尚久
嘘の火花 96猫 歌詞 – クズの本懐 OP

発売日:2017年3月15日
作詞:⾕口尚久
作曲:⾕口尚久
編曲:⾕口尚久
歌詞:
一番大切なものを一番大切にしたい
そんな単純なことが今は一番できない

「もしも運命があるのならばあなたは運命の人なんです」なんて
そんな言葉 今 を壊しそうで言えない

近くにいても遠く感じる
行ったり来たりしてるこの想い
「諦める」 「諦めない」
終わらない花占い

宝箱の鍵を閉めたままキラキラした思い出抱きしめ
ほのかに色づいたカケラをため息に隠す

目が合ったなら逸らさないで
秘められたこの嘘を見抜いてよ
限界がもう分からないの
だから今は何も言わないで

苦しいよ 怖いほどアナタが好き

物足りないなんて言わない
どんなワガママも言わない
何かが変わるのがイヤで
逃げ出すことも出来ない

つい下を向いてしまうのは
嘘つきの無意味な反抗 悪あがき
怖い 悲しい 心
虚しさで溢れた

体の中に散った火花は
アナタが好きだというシグナル
「報われる」「報われない」
そんなのは関係ない

澄み切って満たされたあの空
いつか触れることが出来るなら
いつまでも彷徨う微熱を
ため息に溶かそう

間違いですか?
だとしてもアナタが好き

全て見られてるのは
分かってて
見てて欲しがって
隠れてる
そんな自分許してるよ
自分にだけ

世界中の不安を集めて
閉じ込めたなら何が起こるの?
無限に広がっていく
とめどないこの妄想

心の中押さえつけるほど
反比例していく現実は
もうダメ耐えきれないよ
息ができなくなるよ

気づいてよ
この想い
「アナタが好き」

目が合ったなら逸らさないで
秘められたこの嘘を見抜いてよ
限界がもう分からないの
だから今は何も言わないで

苦しいよ
怖いほどアナタが好き

ROMAJI