Menu

Tia ニルバナ

やがて巡り巡る季節に
僕らは息をする
思い出になるその時まで
ずっと忘れないで

一人ぼっち膝を抱えて
見上げたんだ あの日
思ってたより晴れた空と
あなたがそこにいた

見えてるもの全て 胸に焼き付けたんだ
いつか来るさよならの時のため
だけど今は気づかぬふりをして
僕は笑う あなたと今

悲しみ 喜び 心臓の鼓動
伝って動かすんだ 僕という命
想いや感情 掛け値なしの愛を
あなたがくれたから
進むよ 見ててくれる?

真夜中の雨が降り止めば
僕はきっと遠く
心配しないで 同じ空の
下に僕はいるよ

見えてるもの全て 守ろうとするほどに
あなたは優しさで傷つくから
答えを探すたび失うんだ
大事なもの こぼれ落ちていく

幾千の時を超えいつかまた出会う
繋いだ手の感触を思い出して
あの夜に僕らは明日を願った
叶わぬ願いだとわかっていたとしても

時に雲 時に風 形を変えながら
あなたの元に ほら 僕は向かうよ

そして僕の声があなたに届くなら
なんてあなたは答えるのだろう
ありがとう ごめんね
ひどいやつだ バカだな
愛してる 泣いて笑うのは
多分僕かも
聞こえる?

悲しみ 喜び 心臓の鼓動
伝って動かすんだ 僕という命
想いや感情 掛け値なしの愛を
あなたはくれたんだ
奇跡のような日々を
いつでもここにいるよ