Menu

Suspicious Mind カーネーション 歌詞

Suspicious Mind カーネーション 歌詞

Suspicious Mind

歌手:カーネーション
作詞:直枝政広
作曲:直枝政広

いつも夢の中にいたんだ
海のほとりを歩いてた
蜃気楼のような柄のシャツ着て
空のスーツケースひきずりながら

断崖へと続く長い道がある
火影がひとつ沖を照らしている
ここできみの帰り待つよ

笑うことができてもまだ
疑わしい気持ちぬぐい去れない
石を削るほど風は強くて
思いがけぬ痛みに心砕かれて

波に打たれ嘆くあの影は誰だ
ボートは闇に吸い込まれ消えていった
過去に戻ることはできない

許し合えるもうひとつのやり方
先へ進む力も小さな奇跡

断崖へと続く長い道がある
火影がひとつ沖を照らしている
ここできみの帰り待つよ
生まれ変わるための光
光を