Menu

Superfly 色を剥がして

「あるがままを愛して」
格好いい言葉だけが 身体 引き寄せた
求めてばかりの二人
変わってと望んだり 矛盾 気付かずに

私はいつか しずくになった
あなたの中を巡る 血のように 泳げたら

色を剥がして 愛で脱がして
全てを受け止めて 生きたい
泣けない夜は 雨を降らせる
私しか知らない あなたに

孤独ごと 投げ合うの
形のないものなら きっと 壊れない

あなたを満たす しずくになって
不器用に飛び込んで 喜びに溺れたい

色を溶かして 胸を重ねて
どんな二人だとしても 許して
月が欠けたら その傷口を
褒めて満たしてあげる 朝まで

貼り付いた肌 ひとつのものになってく
遠い昔に そうだったような記憶
今夜戻ろう もう求めることもない
街の光に 目が慣れてしまう前に

色を剥がして 愛で脱がして
全てを受け止めて 生きたい
泣けない夜は 雨を降らせる
私しか知らない あなたに

ただのあなたで 飲み込んでいて ただの私を
ただの私で 飲み込んでいく ただのあなたを