Menu

Star Light OKAMOTO'S 歌詞

Star Light OKAMOTO'S 歌詞

Star Light

歌手:OKAMOTO'S
作詞:オカモトコウキ
作曲:オカモトコウキ

週末は家を 一歩も出なくて 悪い癖がより強まった
何度も電話 かけようとしたけど とうとう全部未遂に終わった
エアコンの調子がどうもおかしくて 悪い汗が流れていった
少しでも話が できたのならば うまくいくなんて無理な話だった

真夜中のラジオを 聴けばかかる流行り廃りのポップソング
いつも僕らを置き去りにする

照らしてほしいんだ どこか冷めたままで通り過ぎる名も無い星でも
君も同じように見えるの?
照らしてほしいんだ なんか寂しすぎて耐えられない長い夜には
どこまでも続いてく Star Light

高架線の下から見える光は宇宙よりも遠く
一万光年の彼方から降る

照らしてほしいんだ 虚しさ抱えて 瞬いてる 名も無い星でも
どこか輝き見つけられるさ
照らしてほしいんだ なんか寂しすぎて耐えられない長い夜には
君だけが頼りさ ねえStar Light

Lights Down Slow Downして 時に深く つき刺さる孤独なShadow
Lights Down Slow Downして 流れて行く メロディはときにMellow

みんなどこに行ったんだろう?