Menu

SHISHAMO 君とゲレンデ

何か月も前から楽しみにしてたせいかな
やけに早く目が覚めちゃった
今日は一日一緒にいれるね ふたりきりではないけど

待ち合わせ場所で目が合ってから
別れの時間までは 一瞬で過ぎ去る
あなたと会う日はいつもそう
朝の身支度の時間を返してほしいくらい

だけどね
はぐらかさないで聞いてほしい話が一つあったんだ
二年前から思ってること
今日もまた言えなかった
私の中の弱い虫は 今も私の中に

今日はこんなに楽しかったのに
どうしてだろう、私なんだか 涙が止まらないの
きっとあなたの目に映るあの子の匂いを知ってしまったから
もう戻れない
昨日までの世界にはもう、戻れない

いつから二人はそんな甘い空気出すようになったの?
私いっつもあなた見てたのに 何も見えてなかったみたい
あなたばかり見てたせいで 視線の先に気付けないまま
なんて愚かなんだろう私

分かってることはふたつ
あなたを思って眠れない夜に あなたはあの子の夢を見てたってことと
あなたに似合うそのミサンガも 編んだのはあの子だってこと

君の白い息が教えてくれた あの子への想い忘れたいな
もう遅いのは分かってる
だけど、ねえ、はぐらかさないで聞いてよ

今日がこんなに楽しかったのは
他でもないあなたがいたから
あの子もいたとしても だけどそれでも
きっと私の目に映るあなたの笑顔は
もう忘れない 忘れられない
優しいんだね でも涙は自分の手で拭くよ
昨日までの世界にはもう、戻れない