Menu

Rain ASH DA HERO 歌詞

Rain ASH DA HERO 歌詞

Rain

歌手:ASH DA HERO
作詞:ASH
作曲:ASH

ああ 土砂降りの雨ならば
きっと涙隠せるだろう
晴れた空の下じゃ
流せない涙もあるだろう

ああ 器用すぎて不器用だなあ
笑いながら 君は言うけど
誰にも知られずに
いつも心は震えている

塞ぎ込んでしまう度
誰かを傷付けて
傷付いてまた愛を
失くしてしまいそう

ああ もう無理
ダメだ 辛いって時
すぐ側にいてくれたらなあ
強がって 堪えた涙も
素直に流せたらなあ

意地張って いつも一人
吐き出せずに 抱え込んだ
その心にそっと
優しい雨が降り注ぐ

弱さを見せる事が
いつからか出来なくなっては
雲ひとつない青空を
見上げながら 頬を濡らした

大嫌いな雨が こんなにも冷たくて
暖かいのは 何故だろう

ああ また今日も降りしきる
雨の中で歌うメロディ
君の視線がほら
寂しげに何かを伝えた

頑張れって言う度
“もう頑張ってるんだよ”
天邪鬼な心が 本音隠して
いつも 突っ撥ねてばかり

ああ もう無理
ダメだ 辛いって時
すぐ側にいてくれたらなあ
強がって 堪えた涙も
素直に流せたらなあ

暗い部屋で一人
吐き出せずに 抱え込んだ
その心をそっと
優しく開いてあげたい

誰の為 何の為に
弱さを隠してるんだろう?
誰の為 何の為に
強くあろうとするのだろう?

大嫌いな雨が
心に降り注いで
溢れ出してしまいそう

ああ もう無理
ダメだ 辛いって時
すぐ側にいてやれたらなあ
強がって 堪えた涙を
そっと拭いてやれたらなあ

大嫌いな雨の中
鳴り響いたのは
いつの日も
優しいメロディ

この雨が上がる頃には
いつも以上に澄み渡る
雲ひとつない青空を
見上げながら 頬笑んで さあ

大嫌いな雨が
また降り注ぐ日には
この歌が君を包むよ