Menu

Plastic Tree float

float

歌手:Plastic Tree
作詞:佐藤ケンケン
作曲:長谷川正

やわらかい波の中で 隠れるように溶けてった
透き通ってく陽射しは 水の底に沈んで
滲んだ僕の視界で 揺蕩うように映した 終わらない悲しみ
そっと残す影は連なって

翳んだ夢の途中は 泣いてたような気がして
まだ続いている痛みが それを教えてくれたんだ
変わらないものと変わっていくこと 気づいてられたら
戻らない想いにさえ ずっと僕でいれたかな?

消 えな くて 消え なくて 繰 り 返し 色褪せて く
苦しく て切 なくて忘れ てし まいそうで

悲しそうな空見上げては 何度も伸ばした 手を
振って 振って 振って 吹いた 透明な風
寂しそうに憂う僕の眼に 何度も過った日々
触れて 触れて 触れて 不意に 見える薄明

眩しい憧憬の午後 光のカーテン包んで
漂う今を ずっと 僕はただ眺めてた

見え なく て見えな くて 繰 り返し 遠ざか ってく
願 っても 想って も 置き去 りに しながら

悲しそうな空見上げては 何度も伸ばした 手を
振って 振って 振って 吹いた 鈍色の風
楽しそうに笑う君が 眼に何度も浮かんだなら
触れて 触れて 触れたい 触れないままで 独り

眩しい憧憬の午後 光のカーテン包んで
漂う今を ずっと 僕はただ眺めてた
優しい倒影の跡 光の絨毯揺らいで
漂う今もずっと 君に はもう 届か な い