Menu

orange ヤなことそっとミュート 歌詞

orange ヤなことそっとミュート 歌詞

orange

歌手:ヤなことそっとミュート
作詞:畠山凌雅
作曲:Yohei Shibata

だんだん移ろっていく 季節の匂いを回路に
管制塔に哀の灯ともって 赤く滲んだ
見慣れた街並みを また目に焼き付けて
カバンにつめこんだ いつか思い出すように
旅立ちの朝 空は青くて

遠くなっていく なんでもないような景色
なぜか胸が苦しくて
誰かといつか 見たことあるな
君を思い出す 最初に

壊れた常夜灯 青い貯水塔
(一つ、また一つ、思い出す)
思い出の点を 線で結んで

だんだん絵になっていく 色も匂いも感じれる
リストに書きこんだ ずっと忘れないように
チケット握った手 何か足りない気がして
誰かの声 聞こえた気がした
人ごみの中じっと探して

「ちょっと待って」
過ぎ去ろうとする景色 思わず声がこぼれて
誰に向かって言ってるんだ
君を思い出す 最初に
色が変わっていく空に
きゅっと胸が苦しくて
きっとなんかのサインなんだ
君を思い出す 最初に

思い違いだって笑ってごまかした
本当はずっと分かっていたのに
ねえ こんな気持ち知らなきゃよかった
高い空のオレンジに溶かして

遠くなっていく 二人思い出の景色
少し涙がこぼれて
本当はずっと想っていたんだ
今も覚えてるよ あの日
管制塔が夕焼けを 2つに割って綺麗だった
あの半分を胸にしまって
君を思い出す 最後に