Menu

nano.RIPE – 嘘と月

nano.RIPE 新曲 :嘘と月
作詞:きみコ
作曲:佐々木淳
歌詞:
きみがぼくに嘘をつくたび 嘘に嘘を重ねるたびに
ぼくは少し優しくなれる?優しさの基準なんて知らないけど

嘘の隙から覗き込むような本当は愛してるに似ている?
いつまで経っても上手に使えないくだらないぼくはいつまで?

使わなくていいんだよ 使えなくていいんだよなんて
気付かないあいだにいつも守られてた

ぼくがアチコチ欠けてるから ピースの足りないパズルだから
きみはいつも嘘をつくんでしょう?ぼくがコレ以上欠けないように

嘘に嘘に嘘を塗り重ねた日々の厚さは今どれくらい?
いつまで経っても近付くことはない変わらないきみはいつまで?

欠けてるんじゃないんだよ 足りないんじゃないんだよなんて
気付かないあいだにいつも守られてた ぼくが?

嘘に気付かないふりをしていたぼくもきみとおなじ嘘つきか?
傷付かないように優しいふりして守ることは逃げることだ

夢から醒めたんだ 悪夢から醒めたんだやっと
優しい嘘なんてあるわけがないだろう

欠けてるんでしょう?ぼくは 足りないんでしょう?ぼくはずっと
気付かないあいだに少しずつ侵されてた

だれが?だれを?
きみが?ぼくを?