Menu

LOSER 米津玄師

発売日:2016年9月28日
歌手:米津玄師
作詞:米津玄師
作曲:米津玄師
歌詞:
いつもどおりの通り独り こんな日々もはや懲り懲り
もうどこにも行けやしないのに 夢見ておやすみ
いつでも僕らはこんな風に ぼんくらな夜に飽き飽き
また踊り踊り出す明日に 出会うためにさよなら

歩き回ってやっとついた ここはどうだ楽園か?
今となっちゃもうわからない
四半世紀の結果出来た
青い顔のスーパースターがお腹すかしては待ってる

アイムアルーザー どうせだったら遠吠えだっていいだろう
もう一回もう一回行こうぜ 僕らの声
アイムアルーザー ずっと前から聞こえてた
いつかポケットに隠した声が

ああだのこうだの知ったもんか 幸先の空は悪天候
ほら窓から覗いた摩天楼 からすりゃ塵のよう
イアンもカートも昔の人よ 中指立ててもしょうがないの
今勝ち上がるためのお勉強 朗らかな表情

踊る阿呆に見る阿呆 我らそれを端から笑う阿呆
デカイ自意識抱え込んではもう 磨耗 すり減って残る酸っぱい葡萄
膝抱えてもなんもねえ ほら長い前髪で前が見えねえ
笑っちまうねパッと沸き立って フワッと消えちゃえるこんな輪廻
愛されたいならそう言おうぜ 思ってるだけじゃ伝わらないね
永遠の淑女もそっぽ向いて 天国は遠く向こうのほうへ
ああわかってるって 深く転がる 俺は負け犬
ただどこでもいいから遠くへ行きたいんだ それだけなんだ

耳をすませ遠くで今 響きだした音を逃すな 呼吸を整えて
いつかは出会えるはずの 黄金の色したアイオライトを
きっと掴んで離すな

アイムアルーザー なんもないならどうなったっていいだろう
うだうだしてフラフラしていちゃ今に 灰 左様なら
アイムアルーザー きっといつかって願うまま
進め ロスタイムのそのまた奥へ行け

愛されたいならそう言おうぜ 思ってるだけじゃ伝わらないね
永遠の淑女もそっぽ向いて 天国は遠く向こうのほうへ
ここいらでひとつ踊ってみようぜ 夜が明けるまで転がっていこうぜ
聞こえてんなら声出していこうぜ

アイムアルーザー どうせだったら遠吠えだっていいだろう
もう一回もう一回行こうぜ 僕らの声
アイムアルーザー ずっと前から聞こえてた
いつかポケットに隠した声が

ここいらでひとつ踊ってみようぜ 夜が明けるまで転がっていこうぜ
聞こえてんなら声出していこうぜ

米津玄師 新曲 LOSER のツイッターの反応
個人的にdioramaからYANKEE、Bremenって流れの後米津さんがどんな曲を出すのかが物凄く気になってたけど正直こういう変化は予想もできなかった。曲中に漂う「ハチ」感が凄い。しかもハチ時代から聴いてる人であれば多分分かると思うんだけどこの「ハチが何倍にもスケールアップして帰ってきた」感じ。感動と鳥肌が半端じゃない。米津らしさが無くなったとか、前の方が好きとかっていうコメントもちらほら見られるけど、常に変化することと新しいものを提示し続けられることの凄さを分かってる人であればそんな言葉は出ないだろうし、まぁそういう人達もいずれは結局このナンバーナインに納得する時が来るんだろうなと笑 米津さんの魅力は今や昔の単なる「変則さ」「複雑さ」ではなくて、そういった要素をあくまで自然にさりげなく曲の中に閉じ込め、それでもなお「強度ある」曲を創り上げているといった点に変化してる。
結論個人的にこの変化(進化)は本当に嬉しい。

そういったものを米津さんは曲の中に感じますね。
ゴーゴー幽霊船の二番が終わった後も8(ハチ)をとばして9(ナイン)と言っていますし。
そう考えるとあの頃から米津さんの思いや考えは変わってないのかもしれませんね!

音楽の形が変わってイマイチって書き込んでる人がいるけど、この諸行無常な世に何時までも同じものだなんてないし、米津さんも新しく変わろうとしてるんじゃないかな…だからそれに対して残念とか言うのではなく、「進化」してるんではないかな…
でもそういう事を言ってる人の米津さんか好き好き大好きなのは痛いほど伝わってくるから…
NEW米津玄師さんを楽しもうZE(๑• ̀ω•́๑)✧

声も世界観もPVもほんとに素敵だと思うけど、純粋に顔だけを見たときにかっこいいと言われる部類に入るかどうかで言えば入らないと思います^^;米津さんの持ってる魅力全体で見ればすごいかっこいいですけど、顔だけならイケメンではない気が… もちろん自分はファンですよ。

米津さんの新曲ですか…!
とても楽しみですね、早く全部聞きたいです!!
昔はなかなか彼を好きだと言ってくれる人を近くで見つけられなかったのですが、最近では
米津さんって知ってる?
と尋ねられることが多くなりました。
嬉しいことこの上なく感じました。

もうdiopamaのような曲は作らないのでしょうか…とてもあの頃を懐かしく寂しく感じますね。

進化していく米津さんも好きだけど
MAD HEAD LOVEとか、ゴーゴー幽霊船
みたいな他のアーティストとはひと味違う
音楽で自分は好きになったから、嬉しいけど
悲しいみたいな。。。。。。
結論:米津玄師最高!

やっぱり聴き比べると昔と違うのは分かる、けどどっちも、米津玄師が作った曲っていうのを抜きで考えたとしても、素敵な曲。心に突き刺さる、響く、一曲一曲な気がする。
好きなアーティストっていっぱいいるけど、米津玄師が書く歌詞が一番心に刺さる。

確かに初めてviviとゴーゴー幽霊船を聞いた時のような衝撃をうける曲は少なくなったけど、一度聞いたら頭から離れなくなる中毒性は変わらずある。
米津さんファンは一生やめられる気がしないわ。

一部の人に非常に愛されるような曲作りは、趣味の範囲内までだ。
たくさんの人に愛されるような曲作りをしていくこと、つまり仕事としてやるってことは、これで稼げなければ飯を食っていけないということ。
必然的に万人受けの音楽になり、個性が少しずつ失われるように感じる人も出てくる。
個性的な一面を持ち、センスの塊のような米津さんは、本当に悩ましい歌手人生を過ごしてらっしゃる気がする。

米津玄師らしさかぁ…個人的には、1度覚えてしまったら、しばらくその人の耳を捕らえて離さないメロディーのキャッチャーさが1つとしてあると思います。どの曲聞いても非の打ち所がないメロディーで溢れてるというか。

音楽ナタリーで謎のカウントダウンがあったのに9時直前にCMで解禁されてたことに盛大に笑ってしまってごめんなさい。とりあえずあたしはそれで眼福さ。CD発売日楽しみにしてます。

なんというか
カッコイイとかすごいとか
そんな小さい枠に収まらないような感想を言いたいけど私の頭の言語力が足りないので言えなぃ!!
誰か私の気持ちを代弁してくれぇぇ!!
とにかくすごいんだよぉ(´;ㅁ;`)

やっぱもうハチやdiorama時代とは完全に別路線でいくのかな…
曲やPVがただのJ-POPって感じでなんかなあ…
歌詞見るまで断言できないけど