Menu

恋と浄土の八重桜 刀剣乱舞 歌詞

やっぱ舞台は人気なよねぇー争奪戦だろうなぁ(´;ω;`) いちにぃのお兄ちゃん度ぱない!歌詠集の恋と浄土の八重桜出だしのいちにぃの声がやばいぃ〜きゅうぅん💕って心持ってかれた💕 私も爆笑したーwそれにみんなが乗って歌ってるのにも笑えたw

花丸7話ED 恋と浄土の八重桜 →そういえば浄土には白い鳥(白鵠)がいた →本丸で白い鳥っていうと鶴丸だな →相方は孔雀で、2羽は見栄えの美しさで、仏の徳や心の美しさを表現する役割がある →一期一振って主の影響で派手だよな →……(いまこ…

気づいた人もいると思いますが…… 花丸のAWT48が歌った 『恋と浄土の八重桜』 イヤホンで聴くとこんな感じになるんですよ 試しに片方づつ聴いてみてください! ※見にくかったらすいませんm(_ _)m

剣乱舞‐花丸‐ ED 7 「恋と浄土の八重桜」歌詞
発売日:2016年11月30日
歌手:前田藤四郎(CV:入江玲於奈) 鯰尾藤四郎(CV:斉藤壮馬) 薬研藤四郎(CV:山下誠一郎) 五虎退(CV:粕谷雄太) 秋田藤四郎(CV:山谷祥生) 乱藤四郎(CV:山本和臣) 平野藤四郎(CV:浅利遼太) 骨喰藤四郎(CV:鈴木裕斗) 厚藤四郎(CV:山下大輝) 博多藤四郎(CV:大須賀純) 一期一振(CV:田丸篤志)
作詞:芥田貴弘
作曲:芥田貴弘
編曲:宮崎誠
歌詞:
ずっと待ってた ひらり恋時雨
花の香り纏ってる季節
きっと知ってた ふわり花吹雪
桃色の気持ち飾る季節

足取りも軽くなり (肩を並べて)
両手を広げた (夜空の下で)
言ノ葉に宿らせて 空に咲かせ (よぉ~!)

色は匂へど散らさぬように (いぇい!)
回って回って咲き誇れ (もっと!)
踊り明かそう
夜が明けるまで (踊らにゃ~損損!)
みんなの世もきっと常なろう (いぇい!)
歌って祈って笑いましょう (もっと!)
浅き夢見て (いま) 笑い飛ばしてみましょう

そっと聴こえた ふわり風の音
広がる未来を描く季節

鮮やかに彩った (浮世の果ては)
月明りの空 (まだ見えなくて)
抑えつけた感情 空に放て (よぉ~!)

色は匂へど散らさぬように (いぇい!)
願って名付けた花言葉 (そっと!)
思い返して
泣きたくなっても (笑わにゃ~損損!)
みんなの世もきっと常なろう (いぇい!)
歌って祈って笑いましょう (もっと!)
浅き夢見て (いま) 笑い飛ばしてみましょう

涙に溺れて 雨に打たれても
帰る 懐かしい場所があるから
心の花を 舞い散らせ

色は匂へど散らさぬように (いぇい!)
回って回って咲き誇れ (もっと!)
歌い続けよう
声枯れるまで (歌わにゃ~損損!)
みんなの世もきっと常なろう (いぇい!)
歌って祈って笑いましょう (もっと!)
浅き夢見て (いま) 笑い飛ばしてみましょう

(よぉ~!)

ROMAJI