Menu

knot さユり 歌詞

knot さユり 歌詞

knot

歌手:さユり
作詞:さユり
作曲:さユり

おもちゃの両目 喉に詰め込んだ 五本指
汚れた酸素をぼくは吸って生きながらえてる
太陽の見えない青々とした空
君が吐いてった汚い言葉

絡まった糸を解こうとしてた 結び目はいつになっても見つからない
酸性雨に打たれた悲劇は喜劇になって

肌に触っても無意味だ 心は見えない

償ったつもりでいたのはぼくだけだった あぁ、ごめんね
金輪際 好き も 嫌い も言わないから 黙って。

赤い糸などどこにもなかった 思い出を美化し過ぎていたようだ
幻想に張り付いたぼくらはおかしくなって

一度でも名前を呼べたら変わってたのだろう?

おもちゃの両目 喉に詰め込んだ 五本指
汚れた酸素をぼくは吸って生きながらえてる
太陽の作った陰の中で怯えてる
蘇ってくるのは 美しい日々さ

繋がったつもりでいたのはぼくだけだった あぁ、ごめんね
金輪際 闇 も 光 も近づけないから 泣き止んで

黙って