Menu

KANA-BOON ダイバー

いつだって 今だって 僕らはちゃんと身を結んで
今だって 飛び立ってゆく

今日も日が昇ると 一歩踏み出す
昨日の自分とは 違うはずなのになぁ
どうして気づいてくれないんだろう
募った不満が心の中でうずく

見たことない物ばかりでも
聞いたことない物ばかりでも
この青い目に映るのは

いつだって 今だって 遠く向こう走る影
僕だって ただまっているわけじゃないから
いつだって 今だって 僕らはちゃんと身を結んで
今だって 飛び立ってゆく

認められたいと じだんだ踏んでたんだ 言葉にできない悔しさがそこにある
強くなりたいと願えば願うほど
空回りしてしまう

強がって 強がって 怖いもの知らずだって また笑って 誤魔化して 本音は言えないまま
嫌になって 苛立って 上手く出来ない自分がいて
ダメだって 立ち止まってしまう

度胸もないくせに 負けず嫌いで
また涙こぼして この果てない 不安とか 塔の渦巻きの中いつもまにか 日が暮れてた

雨だって 風だって 受けながら進んでゆく 僕だって やれるって 飛び込んでゆけ

いつだって 今だって 僕らはちゃんと身を結んで 今だって 飛び立った姿が見えるかな
汚れたって やぶれたって 欲しかった物語 今はここにあるのさ