Menu

一滴の影響 UVERworld 歌詞

発売日:2017年2月1日
歌手:UVERworld
作詞:TAKUYA∞
作曲:TAKUYA∞
歌詞:
許せば進めるし恨みは立ち止まらす
あれは僕のせいにしなそれも僕のせいにしてよ
君をずっと立ち止めるその全てと
僕以外を許して進んで行きなよ

生涯枯れることのない花と名付けても
生涯枯れることのない花になることはない

真面目に生きていればいつか報われる
そうやって言い切ってしまえばそれは嘘になる

身に起こるその数十%自業自得でも
残りの数%誰のせいでもないその不平等

一番いけないことはさ自分は駄目だと思うこと

あれは僕のせいにしなそれも僕のせいにしてよ
僕以外を許して進んで行きなよ
君自身のことも許してあげてよ

満たされ過ぎてるか全く足りないか
どちらにせよ幸か不幸かは感じ方次第

バタフライ蝶が羽ばたく裏で起こす台風
一滴の潮騒が片手を闇に包む

罪と罰が問えないもの
生きることは傷つくこと
誰もが幸せになれるなんて思っちやいないけど

一番いけないことはさ自分は駄目だと思うこと

誰のせいでもないことを自分のせいにして
今日も君は生きている

人の涙を見ても何も感じなくなってきたのは
自分の感情を殺すのが上手すぎる
哀しいサインだよ

ずるい奴らが笑う世界で少しずつでもゆっくりと
いい方に進むように信じて真面目に生きてい
る君は素敵だよ
そんな自分も愛してあげてよ

ROMAJI