Menu

少年の果て GRANRODEO 歌詞 PV

少年の果て GRANRODEO 歌詞 PV

GRANRODEOがニューシングル「少年の果て」をリリースした。このシングルの表題曲は現在放送中のテレビアニメ「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」の第2期エンディング主題歌。ハードにアップリフティングだった、これまでの彼らのシングル曲とは打って変わって、哀切漂うメロディと歌詞を聴かせるハードロックバラードに仕上がっている。「ガンダム」シリーズというビッグタイトルを前に、KISHOW(Vo)、e-ZUKA(G)は何を思ったのか。その真相に迫った。

少年の果て GRANRODEO 歌詞 PV

GRANRODEO 新曲「少年の果て」歌詞 PV Youtube 動画視聴
発売日:2016年11月23日
歌手:GRANRODEO
作詞:谷山紀章
作曲:飯塚昌明

錦の御旗を掲げよう
僕らはボンクラ
闇を知ればこそ光を知れる don’t cry
全部揃っていたとしても希望なんてないのかい
何もなくても希望に寄り添えるか

華やかなりし時代の陰は
今や華やかささえも影をひそめ交わる

たまには空を飛んで違う世界の青を見たい
ためらわず染まる色彩に憧れた
少年のように高く見下ろしていたい
僕を睨む僕がここにいる

理想を失わないままでどこまで行けるか
現実に寄り添いたいフリしたdry
人は苦さを知ってこそ甘さを味わえるのさ
例え君が何かを失ったとしても

むせび立つアスファルト蒸発する匂いは
梅雨明けの豪雨真夏前の兆し
まだ知らぬ夜明け前
その先に潜む地平の果ては
目に終えず 夢現か幻か

見果てぬ空は今も思うよりも近いのに
見上げたら届いてしまう幻想は遠くて
少年のように高く見下ろしていたい
戻れないなんて強がりさ

少年はあの日ただ終わりを告げたんだろう
あなたを乗せるはずの背中の翼は…

たまには空を飛んで違う世界の青を見たい
ためらわず染まる色彩に憧れた
少年のように高く見下ろしていたい
戻れないなんて強がりさ
僕を睨む僕がここにいる

ROMAJI