Menu

Happy 戸渡陽太 歌詞

Happy 戸渡陽太 歌詞

Happy

歌手:戸渡陽太
作詞:戸渡陽太
作曲:戸渡陽太

慌ただしい日々に疲れて
ため息ばかりをこぼしては
遠い空を眺めてた

そんな時には思い切って
僕のことなど誰も知らない
遠い遠い場所へ行こう

頬を撫でる緩い風に誘われるがままに
地平線の彼方をも飛び越えてゆけば、たどり着く

懐かしくて暖かい
そんな日々を求めていたんだ
何だか胸がくすぐったい
それを僕は幸せと呼ぶんだ

人は弱い生き物だから
1人では生きてなど行けない
改めて思い知ったそんな夜

でも時に人は強くなる
沢山の愛に気がついた時
その日を楽しみにしてて

全ての花が太陽に顔を向け咲くように
僕らも未来に顔を向け咲き誇るんだ

忘れていた大切な
モノを今なら思い出せそうさ
訳もなく笑顔になる
それを僕は幸せと呼ぶんだ

懐かしくて暖かい
そんな日々を求めていたんだ
何だか胸がくすぐったい
それを僕は幸せと呼ぶんだ

忘れていた大切な
モノを今なら思い出せそうさ
訳もなく笑顔になる
それを僕は幸せと呼ぶんだ