Menu

Goose house – ハルノヒ -合唱-

Goose house 新曲 :ハルノヒ -合唱-
作詞:Goose house
作曲:Goose house
歌詞:
あなたがお弁当をつくっている音
鼻の奥ツンとして あわてて笑った
花冷えの朝 今日は最後の日
もうこれからは早起きしないでいいんだよ

「あなたのため」その台詞が嫌いで
窮屈だった愛を 拒んだあの日々
力任せの言葉浴びたあなたの
カタカタと揺れてた背中

もう降りることのないこの駅は
臆病者の僕を知ってる
でも母よ、僕はもうこわくない
あなたを離れて 歩いていくんだ

誰かのために目覚める明日を
未来証書に誓います
言えなかったごめんね返すため 明日から
あなたのような温もり胸に 生きていきます

昔より少し小さくなった背中
僕は今日あなたに また少し近づく
何も言わず出かけるあなたは
今も くたくたの背広を着ている

雲流れゆくこの屋上は
逃げてばかりの僕を知ってる
でも父よ、僕はもう決めたんだ
いつか あなたを追い越したい

守りたい誰かがいる明日を
僕も守っていきたい
言えなかったありがとう返すため 明日から
あなたのような強さを胸に 生きていきます

花びら 空高く飛ばす舞い風が (空高く澄んだ)
旅立ちの時を知らせている (旅立ちの日)
駆け巡るあなたとの歳月が
(目を閉じればあなたがいて)
さぁ行きなさいと 手を振るから
(見守ってくれるから)
僕は ひとり行くよ

誰かのために目覚める明日を
未来証書に誓います
言えなかったありがとう返すため 明日から
あなたのような温もり胸に
あなたのような強さを胸に
この春の日を 忘れぬように
生きていきます