Menu

Girl's Jubilee petit milady 歌詞

Girl's Jubilee petit milady 歌詞

Girl's Jubilee

歌手:petit milady
作詞:只野菜摘
作曲:小野貴光

物語がひらいた
女の子のジュビリー
かなしみさえ微笑みに
時をかけて紡がれる

主人公なのはね あなた そして私
どっかが似ているって
思う歌があるね

可愛いものが好きで
ちょっぴり 小悪魔っぽくて
涙は少し 自分のためにとってあるの

遥か彼方の時代 童話みたいに生まれた
私たちは進化する
シナヤカでもシタタカに

憧れている夢は
星の数ほどあっても
それぞれにちがってても
もっと自由になりたい

物語がひらいた
女の子のジュビリー
かなしみさえ微笑みに
時をかけて紡がれる

愛すべき魂
それは 本物だけ見ぬく
第六感の神秘 だまされない

争いが消えない世界
どうしてなんだろう
そのお話の 歴史のほうもとまらない

闇のための魔法じゃ
光のほうへ行けないと
子どもの頃 好きだった
本に書いてあったでしょう

憧れている夢は
星の数どほあっても
それぞれにちがってても
もっとゆるしあいたい

物語は終わらない
女の子のジュエリー
心のなか 輝きは
しあわせへと結ばれる

何世紀たっても
出逢いの森や 海と希望や 冒険や
愛する尊さや 信じることは
美しいって歌おう

遥か彼方の時代 童話みたいに生まれた
私たちは進化する
シナヤカでもシタタカに

物語は終わらない
女の子のジュエリー
心のなか 輝く
しあわせへ結ばれる

憧れている夢は
星の数ほどあっても
それぞれにちがってても
もっと自由になりたい

物語がひらいた
女の子のジュビリー
かなしみさえ微笑みに
時をかけて紡がれる