Menu

Galileo Galilei 恋の寿命

もしも悲しみが爪をといで あなたのことを引き裂こうと
近づいても 僕がそこで終わらせる きっとその悪夢を
楽天家気取りでいたいんだ 何気ない強さがほしいんだ
君のために 僕のために 魂だって叩き売ったっていいんだ
その覚悟が僕にはね あるんだ それでも 君との日々がこう言うんだ
「いつかね」って「いつなの?」って
ずっとそんな調子だった こぼれおちた涙を拾うよ
「どうしよう」って「なにしよう」って
考えてたら朝になって こんな風に僕らはだれていたいだけ
それじゃだめ?

日が落ちるまでには決めようぜ ほつれはちぎって風に飛ばそう
走っていく 走っていく スピードを上げてくこの恋は
あわよくばすべてうまくいって 幸せな最後を飾るんだ
泣かないでくれ 裏切らないで 明日もその明日も僕の側にいてくれ
その覚悟が僕にはね あるんだ それでも 君との日々が叫んでいた
「愛するってなんなの?」って ずっと僕ら問われていて
「待ってる」って君は目を閉じてた
「どうしよう」って「なにしよう」って
迷ってたら朝になって こんな風が僕は気に入っていた

それなら 決心しよう 明日へと飛び込むように
約束しよう 2人でここから出ていく
愛の証明 探してもつれていた糸
少しずつ僕らはほどいてしまって
「いつまで?」って「永遠に」って
本当なんだ でも君は笑って僕を見ていた
「ああもういいや」「なんだったっけ?」
話してたら朝になって そんな風に僕らはじゃれていたいんだよ
それなら いつか迎える恋の寿命を 先へ先へ引き延ばして
ヴァンパイアの恋人みたいにさ 君といたい
それじゃだめ