Menu

Fukase 僕がモンスターになった日

僕がモンスターになった日
もう何にも信じられなくて
逆さまになって落ちてく
弱い自分なんていらないや

午前3時 ふと目が覚めた
まるで闇の中に閉じ込められたみたいだ
いっそこのまま息も止まればいいのにな
傷付くことはもう うんざりだ

ボロボロになって うずくまってる
脆い自分なんて誰が愛してくれますか?

僕がモンスターになった日
信じたくて信じられなくて
この声が届かないなら
すべてを壊してしまおうか

いつの間にか僕の身体は
痛みを感じなくなった そう、バケモノみたいに
傷付けることも裏切ることもできない
鋼の心を手に入れてしまった

深い闇の底の方から聞こえる
SOSの声に耳を塞いでいた

僕がモンスターになったら
ずっと愛してくれますか?
いびつな両手広げて
すべてを壊してあげるから

僕がモンスターになった日
僕は僕を消そうとした
泣き虫で頼りなくて
かけがえのない自分

僕がモンスターになった日
大事なものを見つけたよ
弱さを許せること それが本当の
強さなんだって気付いたよ