Menu

fripSide 冬のかけら

冬のかけら

fripSide

作詞:南條愛乃
作曲:八木沼悟志

ひとつ響いてく 夜の街に足音
遠い光が 私を淡く照らす
寒さまとった 風が通り抜けても
今は短い 髪先が揺れるだけ

叶わないままの約束もあるね
淋しさも消えて 少し懐かしいと思う
ああ 記憶のかけら

ひとりで歩きはじめた この道は白く深く
私だけの色に染まりだす 思い出に塗りかえてく
きっとまた優しい人 出会う日がくるのだろう
…口ずさむ音楽
あなたからあの日聴いた 冬のMelody

そばにいるだけが 守る事ではないと
知った、痛みも喜びも切なさも。

あなたをわかった数と同じだけ
気付かないでいた 私自身の事知った
そう 強さのかけら

今年、雪のはじまりを ひとりで見守るけれど
不思議と怖くない あの頃と変われたような私がいる
あなたの言ってた意味が 今は少しだけわかる
涙も乗り越えた
あの日より強くなれた 冬のMemory

ああ 記憶のかけら
ひとりで歩きはじめた この道は白く深く
私だけの色に 染まりだす
思い出に塗りかえてく
今年、雪のはじまりを ひとりで見守るけれど
涙も乗り越えた
あの日より強くなれた 冬のStory