Menu

For dear light 浪川大輔

For dear light

歌手:浪川大輔
作詞:高橋寛知
作曲:大内慶

尽きることのない会話を並べて
はしゃぎあってた帰り道
月明りの下 語り合った夢
変わることなく抱えてる

擦り減っていく日々の中で
立ち止まりそうになるけど

For dear light.
It’s gonna be alright
交わした言葉のカケラが
今もこの胸を叩き続けている。
まだここで終われはしないだろうって。
何度でも
そう何度でも
あの日と同じ月が輝く
歩んでいく互いの道照らしながら
決して忘れはしない glory days

競い合うように上った大きな木も
今は背の高いビルに変わって
移り行く街で変わらない何か
君も抱えて走っているの?

正解ばかりじゃないけど
過ちも抱きしめて

The starting time
変わることない
重ねた夢の目指す方へ
君が選んだ決意と傷跡を
1番近くから見ていたから
どこまでも
そうどこまででも
僕らは進んでいけるさ
共に過ごした時間が背中を押すから
まだ見たことないあの向こう側へ

2つに伸びた影も
今は1つ1つ
負けそうな時
君の言葉 思い出すよ
すべての壁を今扉に変えて

For dear light.
It’s gonna be alright
交わした言葉のカケラが
今もこの胸を叩き続けている。
まだここで終われはしないだろうって。
何度でも
そう何度でも
あの日と同じ月が輝く
歩んでいく互いの道照らしながら
決して忘れはしない glory days