Menu

flumpool 歓喜のフィドル

「どんな時も 愛しい人」 いつか逢えるって 思い込ませて
色褪せたシューズ 誇らしげに 歩いてきた 「ここ」へ

どのぐらい僕は 君の全てを 知っているんだろう? その寂しさを
でも誰より わかっているから 他人(ひと)に注ぐ 想いの丈を
その眼差しを

絶対 夢は叶うさって
まだ 声は届くなんて
矛盾を知って 苦悩したって 信じてきた
どんな 罪も許し合える
そんな 人に会えるなんて
夢中になって 追いかけた
それが「今」なんだ

歪んだ景色 グラス越しに 君は眺める 楽しそうに
きっと誰より わかっているんだろう
その命の愛おしさも その切なさも

ずっと 手をくれた優しさ
明日も 見えない時だって
無常を知って 悲観したって 祈ってきた
きっと 喧嘩すらできる
そんな 君と笑えるって
孤独な夜の 灰の上 それが「今」なんだ

絶対 夢は叶うさって
まだ 声は届くなんて
信じてきた
どんな 過去も讃え合える
そんな 人に逢えるなんて
夢中になって 追いかけた
それが「今」なんだ