Menu

flumpool 大好きだった

遠く浮かぶ故郷 心に染みる
夕日を背中にして
肩を並べた younger days

校舎の隅に咲いた ひなげしの花
まるで二人のようだと
影を重ねた人よ

おざなりにした 大切な言葉
伝えれぬまま 夢ばかり追いかけた

愛したのは そう 幻なんかじゃないよ
もう逢えはしない面影 連れて歩く
蕾を付けはじめた花は
君だけ見つめてた

人を好きになるってさ
簡単じゃないよねって
少し笑った後に 泣いたのは何故

忘れはしない ぶつかり合って
そうして知った痛みが
二人を照らすよ

果てのない空見上げ 思い出すよ
何処にも行けない影だけ
連れて歩く
すぐに笑えていたはずなのに
涙が出る

愛したのは そう 幻なんかじゃないよ
もう逢えはしない面影 連れて歩く
蕾を付けはじめた花は
風に揺れる
季節は移ろい変わってゆくのに
君だけがいない