Menu

fhana コメットルシファー

咲いていよう これから少しのあいだ
君に出会い 花を揺らしてたんだよ
伝えきれない ことがたくさんあって
この地に根を張り 春を待って息吹きあげる
綿毛のようにただ 求めずに咲き誇ろう

それから僕らは 大地をも覆うよ
見守ってくれた あの人はいつでも
汚れた手のひらには 一切れのパンを掴み祈るよ
最後の朝まで 恐れずに咲き誇ろう

さあ