Menu

EPILOGUE:Young Forever 防弾少年団

幕が下り (僕は息を切らす)
複雑になった気持ち (息を吐き出す)
今日は何か失敗しなかったか?
観客の表情はどんなだった?
それでも幸せなんだ こんな自分になれて

誰かに歓声を上げさせることができて
いまだ冷めやらぬ余韻を胸に抱き
まだ暑い がらんとした舞台に立つと
暑い 空っぽの舞台に立った時
余計な空虚感に僕は怯える

複雑な感情の中で
人生の生死の境の上で
わけもなく俺は鈍いふりをする
初めてでもないのに 慣れてもいいはずなのに
隠そうとしてもできない
空っぽの舞台が冷める頃
無人の客席を後にする
今 自分を慰める
完璧な世界なんてないんだと 自分自身に言う

だんだん自分を空にしていく
いつまでも僕のものにはできない 大きな拍手喝采が
こんな僕に語る 図々しく
君の声を張り上げろ、より遠くまで届くよう
永遠の観客がいなくても 僕は歌い続ける
今日の僕が永遠であってほしい
永遠に少年でいたい 僕は

Ah

Forever We are young
舞い散る花びらの雨の間を
彷徨い走る この迷路を

Forever We are young
転んで傷ついて辛くても
止まることなく走り続ける 夢に向かって
Forever ever ever ever
(夢、希望、前進、前進)

Forever ever ever ever
We are young
Forever ever ever ever
(夢、希望、前進、前進)

Forever ever ever ever
We are young
Forever We are young
舞い散る花びらの雨の間を
彷徨い走る この迷路を

Forever We are young (We are young)
転んで傷ついて辛くても
止まることなく走り続ける 夢に向かって
Forever We are young

舞い散る花びらの雨の間を
彷徨い走る この迷路を
Forever We are young
転んで傷ついて辛くても
止まることなく走り続ける 夢に向かって