Menu

end of Summer dream Maison book girl 歌詞

end of Summer dream Maison book girl 歌詞

end of Summer dream

歌手:Maison book girl
作詞:サクライケンタ
作曲:サクライケンタ

寂しい夏、終わってく。体だけを許して。
僕はずっと泣いてる。奇妙な事と、青い夜。

変わってしまう朝。ずれた時計と。
叶わなかった声。その瞳の色を無くした。

夢の中、正しい事は何も無くて。
暗闇で見た、忘れた悲しみの続きを。

優しい窓、眺めて。残酷なの。この部屋。

ベランダの外にはゆるやかな光。
扉の鍵は、もう赤いベッドの中に隠した。

水の中。捨てられてる声を集めて。
音の隙間の、出口を探し続けてるの。