Menu

Cinderella Beyond The Destiny petit milady 歌詞

Cinderella Beyond The Destiny petit milady 歌詞

Cinderella Beyond The Destiny

歌手:petit milady
作詞:中村彼方
作曲:金崎真一

ガラスのハイヒール 炎の中溶けだした
ドレスの裾はもう 短く千切れてる
あの頃の私に 今さら戻れはしない
この世で大切なものを 見つけてしまったから

舞踏会の夜 あの日のサヨナラ
貴方にとって一番綺麗な記憶でありますように
(ありますように)

私貴方がいるこの地球(セカイ)を守りたいの
いつまでも泣いてばかりの女の子じゃない
貴方のこと守り抜くよだからどうか ひとりじゃないから
この惑星(ホシ)の未来はきっと輝き続けていくよ

憧れてたんだよ 巡り会えないかしらと
そうだから運命を悲しんだりしない
いつかそのあったかい温もりに包まれたい
銀河のひと欠片 流星になって降り注ぐよ

大切な日記 栞を挟んだ
寂しくなったら読み返すから そこだけ文字が滲む
(滲んでいる)

私 貴方がいて 貴方を見て 恋を知った
体の底から 不思議と勇気が湧くんだ
貴方のこと守れるならちょっとやそっとじゃくじけないよ
胸に秘めた願い 私きっと叶えてみせるよ

真夜中の鐘の音が鳴って
私は空を(空を見上げる)
もう振り返らない

私 貴方がいるこの地球(セカイ)を守りたいの
いつまでも泣いてばかりの女の子じゃない

私 貴方がいるこの地球(セカイ)を守りたいの
いつまでも泣いてばかりの女の子じゃない
貴方のこと守り抜くよ だからどうか ひとりじゃないから
この惑星(ホシ)の未来はきっと輝き続けていくよ