Menu

Canaria ~消えゆく空に~ 奥井翼(CV.斉藤壮馬)

夢見た彼方へと その羽を 広げても
日ごと遠ざかってゆく 地平線 深い霧の中に

心のさえずりで 泣き言を こぼす時だって
貴方に憧れて 強い自分 振りまいていたよ

ずっと離れずに 愛され育ったカナリアは
誰よりも 優艶な声で 唄うから 唄うから

願いを込めた夜 羽ばたいて
ふたりで見た場所へ 昇る
歯車 イタズラに絡まって
消えゆく 空に

呼び声 枯れるまで 羽の音は 絶やさないよ
照明を浴びたまま 貴方だけ 見付けられなくて

きっと忘れずに いつでも帰って来れるかな
カナリア 記憶は こだまして
何処までも 何処までも

誓い合った夜明け 抱き合って
ふたりの体温で 眠る
目覚めた ひとりきりの部屋で
飛び去る 想い

分かんないよ これが愛なんて
言葉で もう一度 聴きたい
巣立った 空っぽの過去に
夢を乗せ 唄う カナリア

願いを込めた夜 羽ばたいて
ふたりで見た場所へ 昇る
歯車 イタズラに動かして
貴方を呼ぶ 消えゆく 空に