Menu

Burning Like A Flame 龍雅 歌詞

Burning Like A Flame 龍雅 歌詞

発売日: 2017年2月8日
歌手:龍雅
作詞:MICRO・Kazz Noguchi
作曲:藤本和則
歌詞:
「もう会いたくないよ」って
「つらい思いするから」
何度も見せた涙

もうアイツのことなんて
忘れてしまえよ
何度も言いかけた
Loving You…

黙って冬の海を見ている君を見ている
これ以上 悲しませたくない

It’s Burning Like A Flame
胸の中で
It’s Burning Like A Flame
消せない想い
側にいるよ
このまま 強く抱きしめて
君を奪い去りたい

初めて 出逢ったあの頃
互いに何もわからず We Got Along
大切にすべきが誰かも
大切にするべきが何かも
ただそばにいるだけで Uh
気づけはしなかった Back In The Days
アイツの話をする度に
君の笑顔が増えてく日々
素直に嬉しかったはずなのに
心が何処か Feel So Lonely
君が突然 泣いたあの日
強がって顔上げ見せた笑み
愛しさが込み上げ I Found Myself
想い馳せる

It’s Burning Like A Flame
胸の中で
It’s Burning Like A Flame
消せない想い
側にいるよ
このまま 強く抱きしめて
君を奪い去りたい

過ぎ去ったあの日々に
巻き戻すこと出来ないこのStory
行く宛を失った
彷徨う言葉 もう戻らない
癒えやしない悲しみも
押さえてしまったその涙も
この愛の炎で
今 燃やし尽くせたら

遠回りもそのすれ違いも
すべて若さのせいに出来たなら
今この瞬間の衝動も
さらけ出し迎えにゆくよ
会いにゆくよ 奪いに行くよ

It’s Burning Like A Flame
胸の中で
It’s Burning Like A Flame
消せない想い
そばにいるよ
このまま 強く抱きしめて
I Want It All…
It’s Burning Like A Flame
胸の中で
It’s Burning Like A Flame
消せない想い
そばにいるよ
このまま 強く抱きしめて
君を奪い去りたい

ROMAJI