Menu

不器用な青春時代 槇原敬之 歌詞

槇原敬之 新曲「不器用な青春時代」歌詞
発売日:2016年12月14日
歌手:槇原敬之
作詞:槇原敬之
作曲:槇原敬之
歌詞:
買ったばかりのTシャツで
また手を拭いてしまった
何かいいアイディアは無いか
夢中で考え続けてる
僕は現実の世界で
今壁にぶつかってる
壊す呪文も魔法もない
特殊能力者でもないけど

壁のポスターの
二次元の彼女が
優しく笑うんだ
旅立つ時が来たんだよって

妄想を追い続けた
不器用な青春時代
掴めないもの
掴もうと追い続けた日々
呆れるくらいの
あの忍耐力は決して
無駄なんかじゃないって
信じてる

僕にとって完璧な
世界がそこにあった
アニメやテクノポップは
限界知らずの人の才能
世間の常識に君の
心の舵を取らせるな
リミッターなど壊してしまえ
そう伝えてる気がしたんだ

喜ぶ誰かの
笑顔を想像した
初めて胸ときめいた
三次元のあの子の笑顔を

妄想を追い続けた
不器用な青春時代
掴めないもの
掴もうと追い続けた日々
想像と創造が
同じ音を持つその意味を
リアルに感じる時が
とうとう来たんだ

諦めない心が奇跡を起こす
誰もがヒーローになれるチャンスがある
よくある広告みたいな
言葉に今は心が震える
いいところをあの子に見せたい
見せなくちゃ

妄想を追い続けた
不器用な青春時代
掴めないもの
掴もうと追い続けた日々
呆れるくらいの
あの忍耐力は決して
無駄なんかじゃないって
信じてる

ROMAJI