Menu

BiSH サラバかな

叶わぬ口は
あるとき命徒然羽交い締め
何時だか僕ら濁った憂いに
端から切られて

此処ぞと踏み込む
徒花の道よ
是までの堰を
外して進める

散りゆく午後に
わずかな光が
醜い跡地に
紅誘うと
この手を眺め

散りゆく午後に
わずかな光が
汚い景色に
藍の気引かれる
追うとなく添うなく
息吹が芽生え
僕の代わりに均して

日々毎日に
連れ立って
仮面をつけられ弾けて

君は今にも
息耐えそうに
代わりにもがいて

此処ぞと踏み込む
徒花の道よ
是までの堰を
外して いこう上

散りゆく午後に
わずかな光が
醜い跡地に
紅誘うと
この手を眺め

散りゆく午後に
わずかな光が
汚い景色に
藍の気引かれる
追うとなく添うなく
息吹が芽生え
僕の代わりに均して

途方にくれて歩いていく
それには気付かない
夢なら覚めぬのに
幾多後悔の日々
どこまでいこう 終幕へ
どこへ行こうか?
サラバかな そりゃないな
まだ中途 だから
その手を離さないよう
これからも共に時を縮めよう

散りゆく午後に
わずかな光が
醜い跡地に
紅誘うと
この手を眺め

散りゆく午後に
わずかな光が
汚い景色に
藍の気引かれる
追うとなく添うなく
息吹が芽生え
僕の代わりにならして