Menu

back number 僕は君の事が好きだけど君は僕を別に好きじゃないみたい

僕の世界は君を中心に
回っていると言っても過言じゃない
これから生み出す全てを
捧げても構わない

これには あのクレオパトラでさえも
ご納得いただけるクオリティの
ご提供となるはずだったのにな
いらないって言われりゃそれまで

僕は君の事が好きだけど
君は僕を別に好きじゃないみたい
答えがあまりにシンプル過ぎて
もうね何も言えないね
ぐうの音も出ないってこの事だね
でも気が済むまで
好きでいるけど
あんまり気にしないで

嫌われないように生きる僕では
君には好かれないって一体何なんだい
フラれてからずっと考えてるけど
謎は深まるばかり

これには あの少年名探偵でさえも
途中で泣き出して家に帰ります
誰より大事にしたいと思う
僕じゃなんでダメなんだろうな

僕は君の事が好きだけど
君は僕を別に好きじゃないみたい
彼氏がいるわけじゃないみたいだし
そうか 好みじゃないのね
絶望って言葉がぴったりだね
押しても駄目なら
引いてみようかな
いやきっと気付かれもしない

本当に僕が欲しかったものは
ちゃんと言えたんだって記憶でも
明日の強い自分でもなくて
君なんだ 君が欲しかったんだ

僕は君の事が好きだけど
君は僕を別に好きじゃないみたい
それなら仕方ないってならなくて
今日も行き場の無い想い
身体中に詰め込んでパンパンだぜ
もうやけくそだって
バカなフリして
来週また言ってみようかな

毎週言ってみようかな