Menu

AKB48 – 僕たちのイデオロギー

AKB48 新曲 :僕たちのイデオロギー
作詞:秋元康
作曲:藤本貴則
歌詞:
春が近づく街の中
昨日よりも風はやさしく
市電の窓が少し開いていた

自転車を押した石畳
段差でタイヤ止まった時
君の視線を意識し始めた

長引く生徒会
意見がぶつかっても
譲らないその理想
自分たちの未来図を
真剣に語った

僕は君に屈しはしない
どんな理屈こねられても
去年までとまるで違う
スローガンにすべきだ
歴史だって大切だけど
そう未来は今作られる
多数決で決められない
お互いが信じるもの

次の朝にはおはようって
クラスメイトの2人になる
笑い転げる君が好きなんだ

どちらが正しいとか
誰にもわからない
でも僕は粘るよ
新しい生徒会
今こそ作ろう

僕は君に屈しはしない
たとえ君に恋いこがれても
胸の奥が引き裂かれて
叫びたくなっても
可愛いだけの女の子なら
よそにだっていっぱいいるよ
リスペクトは愛育てる
お互いが目指すもの

僕は君に屈しはしない
どんな理屈こねられても
去年までとまるで違う
スローガンにすべきだ
歴史だって大切だけど
そう未来は今作られる
多数決で決められない
お互いが信じるもの

対立して向き合ってる
僕たちのイデオロギー