Menu

AAA 愛してるのに、愛せない

どうして大切なものって儚くうつろう
優しさや微笑みさえ色を変えてゆく

尖(とが)る言葉並べてぶつけあった感情(キモチ)は
投げつけたぶんの激しさで僕の胸を切りつける

愛してるのに、愛せない
澄んだ瞳がなおさらに眩しすぎて苛立ちが募る
抱きしめたくて、抱けなくて
行き場失くす僕の手から零れ落ちてく
ねぇ 君の事を愛してる

いつから迷ったのかな はぐれた二人
求めれば求めるほど愛を見失う

どこにいるの 教えて 欲しいものはなかった
迷いもなく好きだと言えば君の元へ行けるかな

戻りたいのに、戻れない
無邪気すぎてたあの場所は記憶のなか陽射しに揺れてる
判りたいのに、判らない
もがきながら傷つけてた 伝えたい言葉
ねぇ 君の事を愛してる

Ah 叶うならどうか名前も知らないままの二人から
もう一度出逢って辿りなおしてみたい キミと

何も言わず君を抱いてしまえば良いのかい ねぇ
涙色に染まる頬も照らせないまま濡れる心
間違いと間違いが交わり拗れてく
せめてあの日までの巻き戻し方をねぇ 教えて

愛してるのに、愛せない
澄んだ瞳がなおさらに眩しすぎて苛立ちが募る
抱きしめたくて、抱けなくて
行き場失くす僕の手から零れ落ちてく
ねぇ 君の事を愛してる