Menu

A・K・I – 港街ロマンス

A・K・I 新曲 :港街ロマンス
作詞:木下めろん
作曲:木下めろん
歌詞:
わかりかけた昨日から
やっと気付いたのが今日
だから それがどうしたの
同じことばかり言って
灯りを消した静けさ
ふれあう指先
時計の針がふたりの
別れ告げてる
ああ
赤レンガの前で
君を
君を
ずっと
待っているからと
港灯り ともすころに
きっと会えるわ
ああ
心のさざ波が
ゆれて ゆらいだ 横浜

凍りついた冬の空
つかの間でもぬくもりを
迷いだした気持ちさえ
そっと溶かしてゆくのね
ところで、とそらす話
寂しさをかくす
ひびく汽笛がふたりの
別れ告げてる
ああ
三の宮で会った
君を
君を
このまま
忘れるなんて
甘く響く その声さえ
今ははかなく
ああ
心が泳いでく
ゆれて ゆらいだ 神戸よ

まるで迷子のようにさ
たどり着けば港街
そんなこともあったねと
言える時が来るかしら
こぬか雨ふる波止場で
冷たい口づけ
過ぎた季節がふたりの
別れ告げてる
ああ
オランダ坂おりて
君は
君は
どこへ
帰ってゆくのか
わたしだけが 知っているの
遠い あの場所
ああ
心はあてどなく
ゆれて ゆらいだ 長崎