Menu

9月に落ちるひとしずく DADARAY 歌詞

9月に落ちるひとしずく DADARAY 歌詞

9月に落ちるひとしずく

歌手:DADARAY
作詞:川谷絵音
作曲:川谷絵音

9月の匂いがした
優しさが溶けていく
5つ目の感情が顔を出した
君が好きなんだ
君が好きなんだ
君が好きなんだ

生意気な天気がまた
僕らに雨を降らした
ポツリと落ちるひとしずくが
君に重なる

透明な僕らは見透かすように
愛を歌った
くだらないことで笑って
時計の針を右に回した
もう夜だよ
目を閉じても君がいる

秋の風を浴びながら
2人は歩き出した
まだ見えないけど
1人じゃ見えないけど

大きくなった小さな願いを
包んで投げた
見落としがちな場所に置いてきたけど
見つけてね

透明な僕らは見透かすように
愛を歌った
くだらないことで笑って
時計の針を右に回した
もう夜だよ
目を閉じても君がいる

僕にしかわからない
君にしかわからない
色々が何であれ
8月までに置いてきたから
「好きだよ」

透明な僕らは重なり合って
目を閉じたんだ
くだらないことも奇跡で
時計の針には触らなかった
すぐそこだよ
君が好きなんだ