Menu

150P – シュレディンガーの猫

150P 新曲 :シュレディンガーの猫
作詞:スズム
作曲:150P
歌詞:
寝ぼけた目を擦り もうすぐ夏が来るねと
キミは嬉しそうに顔を崩し笑ってたっけな

こんなに毎日が愛しくてしょうがないのはなんでだろう
知らないよね ポケットにしまったこの気持ちを

もし朝が来なくても もしもこのセカイが終わっても
それが本当なら ねえ 僕は笑うよ

雨が街を染めて 夕日が長くなったら
キミはまた笑うかな なぜかそんなこと思ってた

どうしてもあの頃が愛しくてしょうがないのは宝物
知らないよね ポケットに忘れたこの想いを

もしも明日が来なくても もしもこのセカイが壊れても
キミが信じるなら ねえ その時は

タイムマシンが出来るかも どこかの星に移動するかも
だって僕はキミが ねえ キミがいるなら信じれるから

こんな世界も