Menu

鹿乃 ディアブレイブ

いつだってそうだ
自分のことを後回しで
みんなが笑って喜ぶなら
それでいいんだって
誰のせいでもなくて
これが当たり前だって
そう言い聞かせていたんだ
間違っていない
間違ってないって思ってたのに
「どうしてこんな
きずだらけなんだろう」
君だけは逃がさずに
気付いていたんだね
押し殺してきたこの小さな声を
いつからだろう
そばにいたいと思ったんだ
縺(もつ)れた心 優しく解くように
差し出されたその手の温もりに
触れたときに気付いたんだ
もうひとりじゃないんだって

思い叫べば誰か傷つけるから
次の悲しみ生まないように
口を噤んだ
心染みついた傷も
いつか誰かのことを
守る力になればと

いつだってそうだ
自分のことを後回しで
みんなが笑って喜ぶなら
それでいいんだって
誰のせいでもなくて
これが当たり前だって
そう言い聞かせていたんだ
間違っていない
間違ってないって思ってたのに
「どうしてこんな
きずだらけなんだろう」
君だけは逃がさずに
気付いていたんだね
押し殺してきたこの小さな声を
いつからだろう
そばにいたいと思ったんだ
縺(もつ)れた心 優しく解くように
差し出されたその手の温もりに
触れたときに気付いたんだ
もうひとりじゃないんだって

思い叫べば誰か傷つけるから
次の悲しみ生まないように
口を噤んだ
心染みついた傷も
いつか誰かのことを
守る力になればと
正しい道選び歩いてきたはずが
ぼやけてしまうこともあるけれど
諦めて投げ出したと思ってたもの
今も大切に包まれていたんだよ
守りたいとそう強く思ったんだ
抱えた迷いも不安も振り払って
歩いていこう
どんな世界の果てでも
響く足音 重ねながら

時にまた傷だらけになり
大切なもの見失って
押し寄せてくる絶望に
立ち尽くしてしまう時は
君が言ってくれた言葉
思い出してみるんだ
「君はもうひとりじゃないんだよ」
手を伸ばして
触れていたいと思ったんだ
優しい匂いこの手に感じながら
当たり前に笑いあえる日々が
続きますように
たとえどんな未来が待ってても
もう迷わず進めるんだよ
君がそばにいてくれるから