Menu

魔法陣より愛を込めて カラスは真っ白

カラスは真っ白 新曲「魔法陣より愛を込めて」 歌詞

発売日:2016年9月21日
作詞:シミズコウヘイ 
作曲:シミズコウヘイ
歌詞:
ドラマチックに輝くわ
まばたきすらしないでね
ほらマジックにかかってる
悪魔みたいな恋して

魔法陣から召喚したような
異邦人とか紹介されたら
いっしょにいきたい極楽浄土
一歩踏み入れすぐエスコート
聞きたいのは 知りたいのは
ステレオタイプなプロファイル
君のせいか? 君のせいだ
はやく逃避行

wo wo wo wo ウォーアイニー
i i i i アイラービュー
T T T T ティアーモ
あいあいあいあい…

ドラマチックに輝くわ
まばたきすらしないでね
ほらマジックにかかってる
悪魔みたいな恋して

ドラマチックに変わってく
目をそらすような景色も
ぜんぶわたしだけのもの
ひとつもあげないわ

地獄みたいな僕の物語
思考回路は君のことばかり
明日の明日の明日の明日は
マシだといいよねこの世の中より
天国なんてあるわけないって
宣告されたよ、逃げられないよに
誰のせいだ 誰のせいか?
はやく逃避行

wo wo wo wo ウォーアイニー
i i i i アイラービュー
T T T T ティアーモ
あいあいあいあい…

ひとつだけ言っておくから
呪文だけじゃ足りないんだから
唱えてよ扉開いて

ドラマチックに輝くわ
まばたきすらしないでね
ほらマジックにかかってる
悪魔みたいな恋して

ドラマチックに輝くわ
わがままばかりでごめんね
ただそばにいてほしいの
わたしも見てるから

ドラマチックに輝いて
まばたきすらしないから
ほらマジックにかかってる
悪魔みたいな恋したい

愛を込めて
愛を込めて
愛を込めて
この世界より

【朝倉加葉子監督からのコメント】
家で、外で、ライブハウスで、これからこの曲を聴く人がこの先ずっと、まっすぐな甘い想いから逃げられなくなるように呪いをかけるつもりで作りました。
すべての呪いは愛する人への祈りなんだと思うのです。

【三浦透子さんからのコメント】
細かいことはお任せしてくださったので、ほんとに、自由に、好きなように踊らせていただきました。楽しかった。
映像の中の私も、とっても楽しそうです。

【月岡弘一さんからのコメント】
この度、カラスは真っ白さんのMVの中では珍しい実写作品に関わらせていただき光栄です。
『魔法陣より愛を込めて』をより魅力的に聴けるよう、演じさせていただました。
完成MVを見て、出演者ながら、ときめいてしまいました。
自分は、見終わった後すごく純粋な気持ちになりましたね。
是非とも、色々な方に観て聴いていただければなと思います。

カラスは真っ白 新曲「魔法陣より愛を込めて」のツイッターの反応
ついに公開です。カラスは真っ白新作MV「魔法陣より愛を込めて」。 ど直球どストレート、ただし少し外角高めのMVに、カラスは真っ白からの愛を込めました。たくさんのひとにいっぱい聴いてもらって愛してもらえる曲になりますように。

9/21リリース『バックトゥザフューチャー』iTunesにて予約受付スタート! MVも解禁されたリード曲「魔法陣より愛を込めて」間も無くSB69導入「みずいろ」の先行配信もスタート!

CAMP第四回公演「ヘッド・ショット・ランド」に役者として参加する荻野眞子、桜木美憂、手島亜厘沙がエキストラで出演しているカラスは真っ白さんの新曲「魔法陣より愛を込めて」のMV、どうぞご覧ください!

カラスは真っ白 “魔法陣より愛を込めて” (Official Music Video) カラスの方向性がよくわからなくなったけどなんかカッコ良い

魔法陣より愛を込めて、カラスはまた新しい音楽を聞かせてくれるのね しかもころころ変わっていくのではなく、ずっと進化している感じがしてとてもよい

魔法陣より愛を込めてを初めて聴いた時好きだって思ったけど、改めて聴いたらやっぱり好きだった🐼💓 “わがままばかりでごめんねただそばにいてほしいの”のところが学生の頃を思い出させます笑 個人的に今年の”三大ときめきソング”の一つです☺️💓

先日、9月21日(水)にリリースされることが発表されたカラスは真っ白のニューアルバム『バックトゥザフューチャー』のジャケット写真が初公開された。
今作のジャケット写真はタイトルのネームバリューに負けず劣らずのカラスは真っ白の「集大成」と言えるものに仕上がっている。
過去作品を随所に盛り込み、タイトルのSF感とは逆行した日本の伝統的な屏風の金箔のイメージを踏襲。
そのギャップによりシュールなカラスらしさが作り上げられている。

そして今回10月15日公開となる映画「何者」への初出演も発表された。
今作では劇中で菅田将暉が「OVER MUSIC」というバンドのボーカル兼ギターを担当する光太郎役を演じ、実際にライブシーンを熱演(パッション溢れる見事な歌声を披露)!そのバンドメンバーとしてタイヘイ(Dr)とオチ・ザ・ファンク(Ba)、さらにレコーディングとギター指導ではシミズコウヘイ(Gt)も参加。
撮影の約1ヶ月前から本格的に練習を開始し、撮影中には冗談を言って笑いあう程に親交を深めたメンバーたちが魅せるライブシーンはまさに圧巻!
本物のバンドさながらの勢いと一体感のある演奏を魅せています。是非、ご注目を!