Menu

風が吹いた日 SING LIKE TALKING

風が吹いた日

歌手:SING LIKE TALKING
作詞:C.Fujita,Chikuzen
作曲:C.Fujita,Chikuzen

風が吹いた日の空色のように
キミが笑うから
ボクが真顔で伝えたい気持ちさえも
ほら 冗談めいて台無しだよ

季節の挨拶も 6度目の夏
密かに決心をした
月明かりが水面に映る夜の海を
ただ 眺めているだけでよかった

言葉になんてならない想いの果てに
キミとボクの標を残そう
重ねた掌に生まれたものは
Maybe it’s called love
That’s what I want

今 聴こえているのはキミの鼓動だけさ
これ以上の本当は無いだろう

形になんかできない想いの先に
キミとボクの住処を探そう
絡めた小指から押し寄せるのは
Maybe it’s called love
That’s what I want

もっと傍に感じていたい
溶け合ってひとつになるように
ずっと変わらないものがあるなら
Maybe it’s called love
That’s what I want

言葉にはならない
形にもできない
だけど何よりも一番守るべきものさ

もっと傍に感じていたい願い
ずっと変わらない
幻のような
Maybe it’s called love
That’s what I want