Menu

青春のすべて Shout it Out

溶けていく 青いアイスキャンディーが
短い季節の終わりを告げた
教室の窓から 流れ込んだ夏は
僕らのことを 急かし始めてる

二人で乗った自転車も いつもの帰り道も
日常が想い出になっていく
まだここに居たいと 握りしめた

不確かなまま過ぎていく
忘れたくないけど 置いてかれたくもないし
確かに明日は怖いけど
僕ら いつだって ここで 今を生きている

真夜中に書いた 君へのラブレター
恥ずかしいほどに 真っ直ぐな言葉たちは
未来を見つめる 君には渡せなかった
その後ろ姿も 好きだった

今ではひとり地下鉄の 慣れない帰り道も
想い出になった日常を 思うたび
僕の足は 前に進む

不確かなまま 生きている
あの日にしがみついていたい訳じゃないし
未だに明日は怖いけど
僕ら こうやって それぞれの道を歩いている

得体の知れない憂鬱も
好きになれなかった 大人たちも
それすら青春だと 思える気がして
少しだけ許せたんだ

後ろに乗せた あの子もきっと
見つめた先の未来で 笑ってる
アイスキャンディーは溶けてしまった
それがなんだよ
僕らの春は まだ 青い

不確かでも歩いていく
青春の行方を 追いかけていたいんだ
確かな明日なんて いらないよ
僕ら いつだって ここで 今を生きている