Menu

銀河ステーション 豊崎愛生

銀河ステーション

歌手:豊崎愛生
作詞:コトリンゴ
作曲:mito

星が ささやいた 笑い声を 聴いていたいんだ
寂しさを胸にしまったら 駆け出そう

思わず飛び乗った 見慣れた横顔ほほえむ
北十字の明かりが見えたら 動き出す星めぐり

心の中火を灯す ずっと守り続ける思い
言わなくたっていい 分かるから
ぎゅっと握った手は力強く優しくて

そばで微笑んだ その笑顔を
守りたいんだ おおくまやほうきの瞬き 眺めて

どこまででも行けるよ 光の尾ひれ弾く指
星めぐりの和音に合わせて 口笛を吹きながら

身を焦がしたって構わない 真っ赤なサソリのように
信じることや 決めたこと
誰のことももう 裏切らない 決めたから

先をゆくひとの涙の雫 きらり瞬いて
道標そこにここに さあ進もう

コンパスに アルコールランプ
黒曜石の地図 必要なものはほんの少し

空をカンバスに 一緒に繋ぎ描く
浮かび上がった形に
あなたの 星座見つけた

大切なひとの笑い声を
聴いていたいんだ
いつまでもいつまでもそばにいたいよ

ララララ ララララ ララ ラララ