Menu

金色の空 森山直太朗

金色の空

歌手:森山直太朗
作詞:森山直太朗・御徒町凧
作曲:森山直太朗・御徒町凧

そうやってまたひとり部屋に籠り 移ろう陽を一通り見ていた
感情の波にまんまとしてやられ 浅瀬で遊んでいた

日常はほぼ惰性で彩られ 時間だけが円やかに流れた
ともすればまだあの日の失言を 未だに悔やんでいる

対岸の向こう夕凪でも そもそものイメージになるたけ沿っていたい

こうやって今は晴れて足宛いてる 苦しいのは自分だけじゃない話
金色の空 静かに問い掛けてくる 君が何をしたいかだと

友人の多くは大方身を固め 見紛うほど背筋は真っ直ぐ伸び
最近じゃもう強がるポーズさえも 誰にも拾われない
 
金色の空 悲しみさえ 二人称でしか分かち合う術はないの

それだって日々は至極美しい 通りすがる旅人よ何処へ
失って尚 懲りずに欲かいている ほら、またさっきの道

人知れずとも プラタナスの樹 揺れているよ ごうごうと

閉め切った窓に雲が浮かんでる 届きそうで届かないものばかり
なんだっけかな 横文字に寝返るなら そう、アローン アローン

こうやって今は晴れて足宛いてる 苦しいのは自分だけじゃない話
金色の空 何かを言い掛けている それが思い違いでも

生きているよ 生きているよ 思い違いでも