Menu

都会の夏の夜 サンタラ

都会の夏の夜

歌手:サンタラ
作詞:中原中也
作曲:田村キョウコ・砂田和俊

月は空にメダルのやうに、
街角に建物はオルガンのやうに、
遊び疲れた男どち唱ひながらに帰つてゆく。
――イカムネ・カラアがまがつてゐる――

その唇はひらききつて
その心は何か悲しい。
頭が暗い土塊になつて。
ただもうラアラア唱つてゆくのだ。

商用のことや祖先のことや
忘れてゐるといふではないが、
都会の夏の夜の更――

死んだ火薬と深くして
眼に外燈の滲みいれば
ただもうラアラア唱つてゆくのだ。