Menu

綾野ましろ 春想の街

春想の街

歌手:綾野ましろ
作詞:fumio yasuda
作曲:fumio yasuda

いつの間にか伸びた影に
ふと寂しくなる
限りのある時の中で
何を見つけるだろう

短い眠りの中
あなたの姿を見た
まどろみが僕を手招きする

降りしきる 春のカケラ
想いは彩られて
幼い記憶に描く優しさ
距離を近づける

手を伸ばし 届きそうで
切なく消えゆくけど
流した涙と笑顔の数が
僕らを導いている

近づいてる季節にただ
想いを馳せても
立ち止まると あなたの声
顔を上げてみよう

あなたはまるで今も
そばに居てくれるから
間違いも怖がらず歩いた

繰り返す 春のカケラ
夜空を包んでいく
あなたが信じた その美しさ
意味を確かめる

それぞれの 願いをのせ
フワリと触れ合うから
いつか巡り会う 夢の行き先
僕らを導いていく

この街は春を想い
白さと寄り添い合う
強くて儚い あなたのように
時を重ねていこう

降りしきる 春のカケラ
想いは彩られて
幼い記憶に描く優しさ
距離を近づける

手を伸ばし 届きそうで
切なく消えゆくけど
流した涙と笑顔の数が
僕らを導いている