Menu

米津玄師 メトロノーム

 

君が街を発つ前の日に 僕にくれたお守り
それが今も輝いたまま 君は旅に出ていった
今は何処で何をしているかな 心配なんかしていない
君のことだからな

君が思うよりも君は 僕の日々を変えたんだ
二人でいる夜の闇が あんなに心地いいなんて
この世界のすべてを狭めたのは 自分自身ってことを
君に教わったから

壊そうと思えば瞬く間に 壊せてしまうものを
僕はまだ壊れそうなほど 大事に握りしめている

フローライト こんなものが
世界で一番輝いて見えるのは
フローライト きっと君が
大切でいる何よりの証だろう

確かめていたんだよ僕らは ずっと目には見えないものを
ふいにそれは何かを通して 再び出会う

夜が明ければ陽が昇る 道は永遠に続く
素敵な魔法で溢れてる 僕らは今を生きている
それと同じくらいに君のことを信じてるってことを
君は笑うだろうか

確証なんてのは一つもない でもね僕は迷わない
君が信じたことなんだから 僕にはそれで十分さ

フローライト こんなものが
泣いているように見えるような気になるのは
フローライト いつか君が
泣いていた顔をふっと思い出すからだろう

説明がつかない僕らの こんな心も全て通して
いつだって君が笑えるような 幸せを願う

フローライト こんなものが
世界で一番輝いて見えるのは
フローライト きっと君が
大切でいる何よりの証だろう

確かめていたんだよ僕らは ずっと目には見えないものを
ふいにそれは何かを通して 再び出会う