Menu

秦基博 水彩の月

ねぇ もしも 君に もう一度 会えるとしたら
うまく言えるかな

いつかと 同じ 水彩の月の下でも
また その横顔 見てるだけだな

話せなかったことがたくさんあるんだ
言葉じゃ足りなくて
僕は君へのこの想いにかわる明日を
あてもなく 空に 探してるよ

近頃は ひとりでいても うつむくことも
少なくなったよ

今日の月は 優しくて でも 寂しくて
君の微笑みと どこか重なる

気付けなかったことが たぶん あるんだろうな
ぬくもりに甘えて
僕も静かに悲しみさえも 受け入れながら
君のように 今と 向き合いたい

ただそこにある それだけでいい
君が教えてくれた美しさ
生きてくことに意味があるなら
ただ ひたむきであれたら

手のひらにこぼれる かすかな明かり
いつまでも このまま 消えないでよ

話せなかったことがたくさんあるんだ
言葉じゃ足りなくて
僕は君へのこの想いにかわる明日を
移りゆく空に 探してくよ