Menu

百花繚乱!アッパレ!ジパング! 小林幸子

百花繚乱!アッパレ!ジパング!

歌手:小林幸子
作詞:なかにし礼
作曲:穂口雄右

酒代ははずむから 車屋さんよ
ひとっ走り神田まで やっとくれ!
万が一にも見逃したら
浅草の姐(あね)さんの名がすたる
日本橋 角力(すもう)取(と)り
歌舞伎に花魁(おいらん) 花火は両国
数えたらキリないが
江戸の自慢は祭りだよ

わんわんわんさか人の波
ソイヤソイヤソイヤソイヤ山車(だし)が来る
善男善女(ぜんなんぜんにょ)は大はしゃぎ
あふれる笑顔が江戸の花

百花繚乱!アッパレ!ジパング!

絵に書いた日本晴れ 車屋さんよ
富士山の麓まで 行っとくれ!
年に一度は拝まなけりゃ
この国に生きている甲斐がない
奈良京都 お伊勢さま
屋久島 知床 ねぶたは青森
数えたらキリないが
国の宝は富士の山

六根清浄(ろっこんしょうじょう)と頂上へ
登れば真っ赤なご来光
善男善女(ぜんなんぜんにょ)が手を合わす
うれし涙の笑い顔

百花繚乱!アッパレ!ジパング!

この世のことなどはよー
笑いのめしてやるがいい
宇宙は大きいよ 命の歓喜も果てがない
十万億土(じゅうまんおくど)へ行かずとも 今の今が極楽だい!

わんわんわんさか人の波
ソイヤソイヤソイヤソイヤ山車(だし)が来る
善男善女(ぜんなんぜんにょ)は大はしゃぎ
あふれる笑顔が江戸の花

六根清浄(ろっこんしょうじょう)と頂上へ
登れば真っ赤なご来光
善男善女(ぜんなんぜんにょ)が手を合わす
うれし涙の笑い顔

百花繚乱!アッパレ!ジパング!